Navigation
保険の給与に対する考え方と割合とは
保険の給与に対する考え方と割合とは

保険の給与に対する考え方と割合

保険では単にそれが保証として必要だからということで、加入などを考えると思います。
私も最初の頃は他にあまり出費もありませんでしたから、簡単に考えていましたが、そのうちに給与から使うものが多くなってくると、保険の給与の中に占める割合などを考えるようになりました。
あたりまえのことかもしれませんがけっこうそのことを考えないで保険を選んでいる人は多いと思います。
また自分に必要な保証の分野を重点的にカバーした保険商品に入らないと後でその保証がカバーされていなかったということにもなりかねませんし、そのような話も時々聞きます。
いざという時に保証してもらおうと思ったら、その保証の条件に入っていなかったというようなこともあります。

それは運もあり、本人がよく説明書を読んだり、勧誘する人に聞いたりしなかったということで、その人の責任ではありますが、それでも残念な結果になってしまいます。
それらも含めて保険と給与の割合を自分で決めておくと無理の無い支払いもできると思います。
また定期保険の部分を重点に掛け捨ての傾向を多くするのか、貯蓄の部分を重点に置くのかでもまた違ってきます。
定期保険の部分に重点を置くと給与の負担も少なくてすみますし、他にその資金をまわすこともできるようになります。
その場合は貯蓄などにも自分で考えながら配分していく必要がありますが、保険で貯蓄部分をカバーする商品を選ぶと、保険と貯蓄の両方が補えられます。
もちろん純粋な貯蓄よりは少なくなりますが、ある意味での強制的な天引き貯蓄のようなものですので、貯蓄の習慣がない人には有効だと思います。

どちらにしろ保険と貯蓄はこれからも必須の生活防衛の手段になりますし、国の年金や保険ではどうも心もとないことは、将来を見ても国の財政を見ても理解出来ますから、それを踏まえた給与からの負担の割合を考えるべきだと思います。
もう一度給与と保険や貯蓄の関係を再確認するのは大切だと思います。

お役立ち情報